クマのアトリエ

無料アイコンを描いています

ココナラのイラスト販売で30日で27万3200円売り上げた方法

ココナラでイラストレーターになって1年目の新人が、30日で27万3200円を売り上げた。
この自身の経験談をもとに、2023年ココナラでイラストを売るのに必要なことをお話します。
 
まずはわたしの売り上げ。

 

先月は5桁だったのでかなりのびました。
 
ココナラをガチろうと30日間、ほとんど遊ばずに毎日ご依頼をこなすことにあけくれておりました。これはその結果。
 
サービスと閲覧数。
そんなに多くはありません。

 

高単価の仕事をGetすることができたので、販売数が少なくても27万円を売り上げることができました。
 
今回の仕事の出来がよかったので次も頼みたい、と継続依頼をいただいています。
来月も6桁は確定しました(ホッ)。
 
イラスト関連はご新規よりもリピーターを捕まえることが大事です。
 
イラストに限らないでしょうけど…。
 
継続依頼をくれる顧客が数人いれば、集客する必要もありません。
つまり「ココナラの検索順位を気にする必要がなくなる」
 

ココナラとTwitterで絵を描いています、絵師のクマです。
 
このページを見ているということは、あなたはココナラでイラスト関連のサービスを出しているが、思うように売れず苦しんでいるのかもしれませんね。
 
ここではわたしの体験談をもとに、ココナラのイラストジャンルで売れるようになる方法を公開します。
 
ランクはあまり関係ありません。
 
ブロンズランクで6桁達成できたので。
 
プラチナランクになればバカスカ売れるわけではなく、またこれをやれば必ず売れるという方法は存在しません。
 
小さなことの積み重ねです。
 
その小さな方法をまとめたので、ぜひ最後まで読んで、役立ててください。

 

こちらも合わせてお読みいただくと効果的です。わたしがふだんやっていることなのでいまゴールドランク以上の方にもお役立ていただけます。

cuma-twitter-esi.hateblo.jp

 

ランクは関係ない

 
まずランクについて。
あなたのランクはどれでしょうか。
 
稼ぎ方で検索するということは少なくとも最低一件はこなしている筈。
レギュラー、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナのどれかだと思います。

プラチナでも月3万しか稼げないという人はざら。
 
ココナラ民の間では「プラチナランク」になると仕事がくるようになる、と言われています。
そのためかどうか、みんな最初はプラチナを目指すんですよね。
 
わたしも目指していました。
プラチナにさえなれば勝ち組の仲間いりだと。
 
都市伝説でした。
 
プラチナになっても仕事は来ません。
 
ランクはあまり関係ありません。
 
ランクがあがったからといって仕事が来るわけでは無い
 
実際にわたしは今、この記事を書いている2023年4月の時点でプラチナランクですが、先月まではブロンズランクでした。

ブロンズからプラチナにあがったわけです。
 
ランクは毎月1日に変わりますよね。
 
4月1日、朝からドキドキしていました。
 
プラチナになったとたんにご依頼がたくさん入ってきたらどうしよう。
忙しくなって回らなくなるかもしれない。
 
ドキドキドキドキ…。
 
杞憂でした。
 
無事にプラチナになったものの、1日と2日は新規のご依頼ゼロ。
 
プラチナになると商品ページの閲覧数があがる、と聞いていたのですが、そちらも上がっていない。
 
なんなら下がってました。
 
さがっとるやないかーい(*´Д`)
 
どうなっているのか。
 
こうなっています。
 
 
  • ココナラ内の検索順位が低い
  • お客さんの目に触れない
  • 売れない
 
ココナラのランキングは売り上げによって順位が決まります。
 
たくさん稼いでいる人が上位に表示される→売れる→上位に表示され続ける→売れ続ける。
 
ランクも少しは評価に関係するでしょうが、その程度です。
 
所詮、売り上げと実績が全てです。
 

ランクが低くても高単価の仕事は得られる

 
では上位表示されない人達にはチャンスはないのか…?
という話になりますよね。
 
そんなことはありません。
現にわたしは月の売り上げ1万円から27万に押し上げました。
 
その結果としてプラチナランクになったのであって、プラチナランクになったから売り上げがのびたわけではありません。
ランクはあくまであと付け。販売に直接つながるものではない、ということは覚えておきましょう。

 

ランクが高い人のヒミツ
 
販売に直結しないココナラのランク。
でも高いに越したことはありません。
何故なら水戸黄門の印籠のような効果があるからです。
 
ココナラ全体でプラチナランクは数%。
昔は1%、出品者が増えた今は4%ほどといわれています。
 
テレビでコマーシャルをやっているので、サービスのプラットフォームとしての知名度は抜群!
 
そのココナラで最高ランクであることは、外の世界でもちゃんと評価されます。
 
例えば私はイラストを描いていますが、Twitterでココナラで描いていると話したところデザイン関係の方からお仕事をいただくようになりました。
 
ココナラで積み上げた実績は、「ちゃんと仕事をしてきた」「依頼をこなせる」ことの証明になるのです。
 
ココナラの外、SNSなどの別の世界で戦う時に強い武器になるのでココナラで頑張っておいて損はなしです。
 
さてランクの話はこの辺りにしてそろそろ実用的な話をしていこうと思います。
ココナラで27万余りを稼いだ方法を。
 

私がココナラで27万3200円を稼ぐまで

 
最初に話しておきますが、ココナラだけを使っていたのでは無理です。
 
ココナラには大勢のクリエイターいます。
イラスト関係のサービスだけでも7万点以上のサービスが出されています。
 
ライバル多すぎ!('Д')
 
ふつうにやっていたのでは勝つことはできません。
 
7万の中で上位10位以内(この辺りが勝ち組)に入るなんて無理です。
 
11位以下はそこそこ見られて、20位以下はほぼ見られていません。
 
有名なイラストレーターもいますからね。
元からファンがついているので、あの人たちは当分動かないでしょう。
 
そして最上位は広告が占めています。
 
そう、ココナラにお金を払って表示してもらっている人達。
 
所詮カネかよ('Д')
 
所詮カネです。
 
嫌な話ですが(笑)
 
ココナラも企業なので。
 
そりゃそうです。
 
あなたも、お金さえ払えば、すぐにでも勝ち組の仲間入りです。
 
実を言うとわたしもやっていました(笑)
 
あれも悪くはないのですが、元手がかかるのでずっと使える方法ではありません。
 
やはりココナラで勝つには、基礎から作りこむのが確実!
お金もかかりませんしね。
 

基礎から作りこむ
 
イラストサービスは全体で7万3446点。
 
ランキングやおすすめで表示されるのは厳しい。
売り上げや実績で選ばれるからです。
 
実績のない新人は末席。
 
けれども検索表示なら話は別です。
 
Googleの検索窓と同じように、ココナラ内の検索機能があります。
お客さんがどんなワードで打ち込むか、予想してみてください。
それを商品名にするのです。
 
例えばお客さんが「ゆるふわ可愛い動物のイラスト」と検索すると、「ゆるふわ」「可愛い」「動物」という単語を商品名に含めているサービスが表示されます。
 
実際にどんなキーワードが検索されているのかはGoogleで調べてみてください。
イラストと打ち込むとよく調べられているキーワードが出ます。
これをたどっていき、自分のサービスにぴったりくるものをセレクト。
 
Googleで検索されるキーワードはココナラでも検索されます。
探しているものは同じですからね。
 
ひとつアドバイス。
キーワードはなるべく先頭に寄せて。
表示されやすくなります。
 
さてキーワード選定がすんだら次は基礎作り。
 
ココナラで表示されやすくするにはとにかくマイページを作りこむことです。
これは色んな方が記事や動画で話されているのでご存じかもしれません。
 
「ホーム」
「スキル/経歴」
「ポートフォリオ」
「料金プラン」
「出品サービス」
「ブログ」
 
ぜんぶ埋めていますか?
 
商品ページはお客さんが見るから作りこんでいるよ!
と言う人にかぎって、スキル経歴は空欄だったりします。
 
ココナラでは「スキル経歴」で検索する人がいます。書いていないと表示されないのでもったいない!
 
私にはスキルなんか無い!('Д')
 
本当にそうですか?
何もできない人なんてそうそういません。
 
資格である必要はありません。
学生時代にとった小さな賞、会社で受けた表彰、SNSで企画に参加してとったタイトル。自分のサービスに関係のあるジャンルなら載せましょう。
 
パソコンを5年使い続けている。
ブログを書いている。
 
十分スキルになります。
書きましょう。
 
プロフィールや商品ページも同じ。何が検索にひっかかるか分かりません。埋められる部分は埋めてしましょう。
 
ただし注意!
 
お客さんに分かりやすいように('Д')
 
必要な情報だけを載せるようにしましょう。
長文のわりに内容がともなっていないと、読むのを嫌い、お客さんは去っていってしまいます。
 
  • お客さんが必要とする情報を先に書く
  • 箇条書きにする
  • 読みやすさを優先する
 
これはココナラマグでも書かれています。
ココナラのアルゴリズムにのっとって作られたものなので、ココナラマグを読み込んでその通りにすれば間違いないです。
わたしも穴があくほど読み込みました。

10万はTwitterでもらった仕事
 
ここからはわたしが実際に稼いだ仕事の内容と、その仕事をつかんだ方法を紹介していきます。
まず最初の10万。
 
1件で12万越えの仕事でした。
ご存じのようにココナラでは手数料がかかります。
12万円払っていただいて、わたしの手元に入ってきたのは22%をひいた10万弱。
 
この仕事はTwitterでもらいました。
わたしはふだんTwitterで活動していて、顧客の半分がまわりにいます。
 
今のフォロワー数は3300人程度。
ココナラを始めた当初は1000人ぐらいだったので声をかけられることは少なかったですが、今はかなり増えました。
 
最初はまわりにいる仲良しさんに頼まれる。
描いたら頼まなくても自発的に宣伝してくれます、仲良しさんですからね。
「どう? 描いてもらったの! 可愛いでしょ!」
 
するとそれを見た仲良しさんのフォロワーさんの目にとまります。
その中から、興味を持つ人が現れる。
「わたしも描いてください」
 
描いたらまたその人が宣伝してくれて、その人のフォロワーさんに届く。もうこの辺りになったらわたしが全然知らない人です。
あとはこの連鎖。
 
Twitterは7回リツイートされると世界の裏側に届くといわれています。
良い仕事をすれば必ず拡散してもらえるのでTwitterはおすすめ!
 
SNSを使わないといけないの?(*'▽')
 
最初に「ココナラだけでは難しい」とのべました。
そう。ココナラだけで実績のない新人が稼ぐのは無理ゲーなんです。
 
SNSでも、リアルの知人友人でも、何でも構いません。
集客手段をもっておきましょう。
 
実績が増えないと本当にどうしようもないので、一件一件、アカウントを育てながら地道にお仕事をつかんでいきましょう。
 
そのうち大きな仕事がくるので、それまでは目の前のご依頼に全力を注ぐ。
値段が安くても、丁寧な仕事をすれば必ず評価されますし、それを見ている人がいます。
 
「絵を描いていただけませんか?」
 
12万円の案件をくれた方は知らない人でした。
 
わたしは知らなくても、その方はわたしの作品を見て評価をしてくれていた。
 
9万は営業でつかみとった仕事
 
さて次にわたしがとりかかったのはココナラ営業です。
実を言うとこれが一番効果がありました。
 
続きはnoteにて書きました。
 
わたしはこの方法を実践して30日で27万3200円売り上げたので、もしあなたが興味があれば、ぜひのぞいてみてください。
そして稼げるクリエイターになってください。